この記事のカテゴリー:

【modern.ieが更新されたので追記】modern.ieから仮想マシンをダウンロードして、MacでもWindowsでも、任意のブラウザーでサイトをテスト!【2013年7月26日】

昨日の記事を公開したばかりなのに、今日「modern.ie」を見たら更新されていました。内容が古くなっているので本日、加筆したものを新たに公開します。主な変更点ですが、新たにIE11のVMが追加され、VMの使用期限が切れた時の更新方法が変更されています。

【modern.ieが更新されたので追記】modern.ieから仮想マシンをダウンロードして、MacでもWindowsでも、任意のブラウザーでサイトをテスト!【2013年7月26日】

【modern.ieが更新されたので追記】modern.ieから仮想マシンをダウンロードして、MacでもWindowsでも、任意のブラウザーでサイトをテスト!【2013年7月26日】

以前は、「Virtual PC 2007」とInternet Explorer Application Compatibility VPC ImageからダウンロードしたWindows Virtual PC VHDを使ってIEの各バージョンのテストをしていました。

Internet Explorer Application Compatibility VPC Imageの画面

しかし、久しぶりに「Virtual PC 2007」でセットアップした環境を立ち上げてサイトのテストをしようと思ったのですが、バーチャル環境からインターネットに接続できなくなっていました。。。

VHDの期限が切れたのだと思い、VHDを再ダウンロードして環境を再セットアップしたのですが、症状が改善されず。。。

知らない間に何かが起きているんだと思って、色々と探し回ったら、今までとは別の新しい方法を見つけました!

マクロソフトからmodern.ieってサイトが用意されていました。

ではさっそく、「無料のツールを入手する」をクリックして試してみましょうー。

modern.ieのトップ画面

まず、「BrowserStack」によるテストの案内がありますが、今回は無視して、「Mac、Linux、Windows 用の仮想マシンをダウンロードします。」にページをスクロールします。

modern.ieの仮想マシンダウンロード画面

「Mac、Linux、Windows 用の仮想マシンをダウンロードします。」から目的のOSを選択して、

modern.ieの仮想マシンダウンロード画面

仮想環境のプラットフォームを選択しますー。

modern.ieの仮想マシンダウンロード画面

OSを「Windows」、仮想環境のプラットフォームを「VMWare Player(Windows用)」と選択すると以下のように「IEのバージョン-OS」ごとにファイルへのリンクが表示されます。

modern.ieの仮想マシンダウンロード画面

ちなみに、OSを「Mac」、仮想環境のプラットフォームを「VirtualBox(Mac用)」と選択すると、

modern.ieの仮想マシンダウンロード画面

こちらも以下のように「IEのバージョン-OS」ごとにファイルへのリンクが表示されます。

modern.ieの仮想マシンダウンロード画面

んん、なにやら手順に「VM のダウンロードとインストールについてヘルプが必要な場合は、Rey Bangoのブログをご覧ください。」って書いてあるので見てみましょうー。

modern.ieの仮想マシンダウンロード画面

Rey Bangoのブログにアクセスするとなにやら色々と詳細を書いてくれていますね!

Rey Bangoのブログ

新しいIEのVMを使ってInternet Explorerのテスト環境を簡単に構築するために解説してくださっていますが、今回はVMの期間制限について見てみましょうか。

VMの期間制限について

Rey Bangoのブログより引用:

Time Limits on the VMs

All of the VMs have a time limit 90 days of total time from the moment you first use the VM. Basically it’s 30 days usage with two 30-day rearms. To rearm, go into a command prompt with Administrator privileges and type in “slmgr –rearm

At the end of the 90 days, you’ll be able to use the VM for an hour before it shuts down. At this point, you’ll need to decide if that’s okay or if you’d like to recreate the VM and use it for another 90 days. Remember, you can reuse the same files you originally downloaded to recreate the VM so don’t delete them (unless you just love downloading big files).

意訳ですが、だいたいこんな感じのことが書かれています。

VMの期限

どのVMも使用を開始した時点から数えて90日間の使用期限があります。基本的には30日間の使用期間と30日間の延長を2回できるので、その合計が90日ですね。延長する方法ですが、コマンドプロンプトを起動させて、”slmgr –rearm”コマンドを実行してね。

90日経過しても自動的にシャットダウンされる前に1時間だけVMを使うことができますが、この制限がオッケーでない場合、VMを再構築してさらに90日間、新たに使えます。覚えておいて欲しいのですが、VMを再構築するときに使用するファイルは新たにダウンロードする必要がなくて、すでにダウンロード済みのファイルでVMを再構築できます。だから、ダウンロード済みのファイルを削除せずに残しておいてください。(おっきいサイズのファイルをダウンロードするのが大好きなら話は別ですけどね)

いかがでしたでしょうか?

私は、Windows XPにVMWare Playerをインストールして、IE10-Win8の環境を構築してみましたが、正常に動作しました。余談ですが初めてIE10を使いました。Good Company Marketが正常にレイアウトを崩すことなく閲覧でき、すごく安心しました。

次はMacにVirtualBoxをインストールして、環境を構築してみようと思います。その詳細は後日、ブログにてお伝えできると幸いです。

以上、よろしくお願いいたします。

関連記事

この記事のカテゴリー: